Cocco顔出ししない理由は?辛いことって何?YouTubeも!



スポンサーリンク



女性シンガーソングライターのCoccoさんですが、25年目の決意ということで今後顔出ししないと報告されました。

「顔出ししない」と決めた理由とはなんでしょうか?

辛いと思うことは減らしていくということが理由のようですが、辛い理由も知りたいですよね。

今回はCoccoさんのプロフィールや顔出ししないと決めた辛い理由や、YouTube動画などご紹介していきます。

目次

スポンサーリンク


Coccoメディアに今後顔出ししない理由は?

シンガーソングライターのCoccoさんが25周年を機にメディアへの顔出しをやめるという発言をされましたが、その理由は「歌を歌っていくこと以外のストレスとか体力の消耗とかを少しでも減らしていかないと続けていく自身がないお年頃なので決めました」ということでした。

詳しくCoccoさん自身から顔出ししない理由を発言している訳ではありませんが、顔を出すことがストレスだったという事はわかります。

また「この先はもう本当に自分が辛いとおもうことは減らしていってもいいのではと思いました」という発言もあり、顔出しはCoocoさんにとって辛いことのようですね。

ただし、テレビ出演やメディアへは顔は出さないと言う方針ですが、ライブなどでは普通に顔出しで歌うということです。

唯一無二の存在のアーティストですし、声だけでも素晴らしいオーラを放っていますし、顔出ししなくても十分なパフォーマンスを届けてくれるとは思います。


スポンサーリンク

Coccoの辛い理由とは?

歌う以外のストレスを溜めないということでメディアへの顔出しを止めるという決断をしたCoccoさん。

ストレスを溜めることが辛いということですが、辛い理由は色々あるのだろうと推測されます。

ご自身で何が辛いという発言はありませんが、過去にもストレスのはけ口でリストカットを繰り返していた事もあるそうです。

女性としての体の成長に心が付いてこなかったり、精神的に辛い時期もあり、拒食症やパニック障害を患った過去もあるそうで、そういう事全部が辛いことなのではないでしょうか?

それでも歌うことを続けられることはファンにとっても嬉しいですよね。

圧倒的な歌声があれば顔出ししなくても十分だと思いますし、今後も歌を歌い続けて欲しいです。


スポンサーリンク

CoccoのプロフィールやYouTube動画を紹介!

  • 芸名:Cocco(こっこ)
  • 生年月日:1977年1月19日(45歳)
  • 出身地:沖縄県那覇市
  • 学歴:沖縄県立開邦高等学校芸術科美術コース卒業
  • 職業:シンガーソングライター・女優・絵本作家・小説家

1996年に「Cocko」の名義で日米でインディーズデビュー!

1997年に現在の「Cocco」に改名しシングル「カウントダウン」でメジャーデビューを果たし、1998年のセカンドアルバム「クムイウタ」がオリコン初登場1位を記録し80万枚を超えるヒット!

2001年に11枚目のシングル「焼け野が原」とアルバム「サングローズ」をリリース後突然音楽活動休止を宣言しました。

それまでは歌を好きではなかったようで、お金を貯める手段みたいなところがあったそうです。

そんな自分が嫌で活動休止されましたが、スタッフさんの説得やお金無しで歌を歌ったりなどして歌が好きだということがわかり、2006年に活動を再開されました。

その後はイギリスで暮らしたり、大学で写真の勉強をしたり、単行本を出版したりと様々な活動をしています。

2011年には初主演映画「KOTOKO」で斬新な作品に与えられるオリゾンティ部門最高賞を受賞しています。

この作品では主演のほか企画・原案・美術・音楽にも携わっているという事で、様々な才能をお持ちですよね。

2014年には舞台初主演も果たしていますし、歌手としてだけで無く表現者としての活動が際立っている印象です。

また現在はYouTubeチャンネルもあり、色々な動画も配信していますよ。

子育ての事や料理動画もありますよ。

今後も色々なCoccoさんの姿や想い、パフォーマンスを魅せて欲しいですね。


スポンサーリンク

Cocco顔出ししない理由は?辛いことって何?YouTubeも!まとめ

Coccoさんが顔出しをしないと決断したのはストレスを溜めない、辛いことをしないという理由のようです。

顔出しすることによってストレスを感じていたのであれば、顔出ししなくてもCoccoさんのパフォーマンス自体が素晴らしいですし、歌声は変わりませんので問題ないのではないでしょうか。

ライブなどでは顔出しもするそうなので、お顔を見たい方はぜひライブに足を運んでくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる