キンタローの子供は何歳?保育園とのトラブルの真相についても!

キンタローの子供は何歳?保育園とのトラブルの真相についても!


スポンサーリンク



元AKB48前田敦子さんのモノマネをAKB代表曲であるフライングゲットに合わせてキレのあるダンスで披露していたキンタロー。さん(以下キンタロー)。

キンタローさんは2015年に結婚し、2020年に第一子を出産しています。

そんなキンタローさんが、お子さんの保育園とトラブルになったというニュースがありましたよね。

今回は、お子さんについてやトラブルの真相、キンタローさんの生い立ちについて紹介していきます!

目次

スポンサーリンク


キンタローの子供は何歳?

【プロフィール】

  • 芸名:キンタロー。
  • 本名:田中志保(旧姓)
  • 生年月日:1981年10月24日
  • 年齢:40歳(2022年4月現在)

キンタローさんは、当時ものまね番組のスタッフさんだった男性と2015年に結婚。

5年後の2020年に第一子となる女の子を出産し、翌2021年には第二子を出産しています。

この記事を書いている時期が2022年のため、現在は第一子は2歳、第二子は1歳となります。

キンタローさんはそれぞれの子供が産まれた時に、インスタグラムでファンに向けて報告をしており、祝福の声が沢山届いてる様子からも幸せを感じ取ることができますね。

キンタローさんは、第一子を授かる時から夫婦共に不妊治療をしており、精神的に苦しい思いをしておりました。

治療の結果、ようやく授かることの出来た我が子なので、夫婦共に喜びは大きかったようです。

そんなキンタローさんの理想の家族像は「自分が育ってきた家族」とインタビューに応えており、自分の家族を目指すべく仕事と育児に奔走しているようですね!


スポンサーリンク

キンタローの保育園とのトラブルの真相は?

待望の赤ちゃんを授かったキンタローさんの喜びはinstagramでも垣間見えます。

出産後の報告投稿から、定期的な成長を感じられる投稿までされており、わが子に対する愛情を感じます。

そんなキンタローさんは仕事にも一生懸命なため、保育園にお子さんを預けるようになりました。

ある時、キンタローさんが芸能のお仕事と子育てを両立すべく奮闘しており、いっぱいいっぱいだった結果、保育園に対してブログ上で批判をしてしまい炎上するという事件が起こってしまったんです。

批判した内容は、「キンタローさんのお子さんが保育園で頭をぶつけてしまい、保育園の先生達が謝罪したところ、責任を問い詰める」という内容でした。

預かっていただいている先生方に向けて、「なんでちゃんと見ていなかったのか?」「怪我して謝罪ですむのか?」と言った内容を上げてしまい、ブログの読者からは「わざわざSNSで言う必要はない」という意見をはじめ、さまざまな批判を浴びてしまいました。

現在はそのブログは削除されており、代わりに謝罪のブログが上げられているのがこちらから確認が出来ます。

キンタローさん自身は今回の事を真摯に受け止め反省しているようです。


スポンサーリンク

キンタローの生い立ちや経歴について

保育園を批判してしまったキンタローさんの生い立ちを知ると、我が子に対しての愛情が深い理由も納得できます。

キンタローさんは、愛知県でビジネス旅館を営む家庭に長女として産まれました。

幼少期からお笑いが大好きで、とくにものまね芸をよく見て真似していたそうです!

大学在学中に吉本のオーディションに合格するも、当時熱中していた社交ダンス部の部員から「お笑いか、ダンスどっちかにしろ」と言われダンスに専念する事に。

社交ダンスでは全国4位に入ったことがあり、その実力で名古屋市内の社交ダンススタジオで講師を努めていました。

2007年にロンドン世界大会の日本代表を勝ち取ったものの、母親が急死、さらには父親の病気により家業をたたみ、キンタローさん自身はヘルニアを首に抱える事となり代表の座を辞退することに。

その後はダンス活動は断念し、一般職の事務として働いてたそうです。

そしてキンタローさんが29歳の時に、天国の母親のためにも自分が頑張っている姿を見せたいと思いお笑い芸人を目指して上京。

松竹芸能タレントスクールに20期生として入学を果たし芸人としての道をスタートさせました。


スポンサーリンク

キンタローの子供は何歳?保育園とのトラブルの真相についても!まとめ

キンタローさんは過去に家族との別れを早いうちに経験し、家族との思い出を大事にしていました。

そのような経験から授かった我が子に強い愛情を持っており、保育園を批判した事で世間からバッシングを受けてしまったようです。

キンタローさんのお子様はまだ2歳と1歳と幼いので、心配になるのも無理はありませんね。

今後も、仕事と育児を両立して大変かと思いますが、以前と変わらず活躍していってほしいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる