サカナクション山口一郎が活動休止。その理由と活動再開はいつ?

2005年に結成された日本を代表するロックバンドであるサカナクション。

2015年には、シングル「新宝島」をリリース。表題曲は映画「バクマン。」の主題歌として起用され、Youtubeで公開されたミュージック・ビデオが1億回以上再生されるなど、バンドとしてのヒット曲になりました。

そんなサカナクションですが、突如活動休止。その理由と活動再開時期について紹介していきます!

目次

サカナクションが活動休止。その理由と活動再開時期は?

サカナクションが2022年7月に突如活動休止しました。理由はボーカルの山口一郎さんが体調不良のためだそうです。

所属事務所によりますと、山口一郎さんは2022年5月より極度の倦怠感、疲労状態などの不調が続いていたものの、ミュージシャンとしての活動を継続したいという山口さんの意思に尊重し、メンバーやスタッフと相談を重ね、方策を講じていました。

しかし6月下旬、医師から休養が必要と診断を受け、この先も最高のパフォーマンスを続けていくために、このタイミングでの休養がベストと判断し、活動休止となりました。

活動再開についてはまだ未定だが、7月いっぱいは休養期間になりそうです。

今は体調回復に専念して欲しいですね。

サカナクションのボーカル山口一郎さんについて!

名前:山口一郎

生年月日:1980年9月8日生まれ(41歳)2022年7月現在

出身地:北海道 小樽市

サカナクションのフロントマンであり、ほぼ全ての楽曲の制作を行っています。

音楽を始めたきっかけは、文学との出会いだといい、楽曲制作においては歌詞を重視しているそうです。

2010年に右耳に突発性難聴を発症。しばらく右耳は聴こえない状態だったが、2015年に「情熱大陸」に出演した際には、低い音であれば聞こえるようになったと話しています。

2020年には持病として群発性頭痛を患っていることを公表。山口さんの場合は頭痛が集中して起こる期間(群発期)が数ヶ月続くと言っています。

※群発性頭痛とは、3大慢性頭痛の一つで、その中でも極めて痛みが強い頭痛。片側の目の奥が抉られるような強烈な痛みが起こる。1回につき1~2時間ほどの激しい痛みが1~2ヶ月にわたって続くことが多い。

まとめ

2005年に結成されてから今まで活動してきたサカナクションですが、ボーカル山口一郎さんの体調不良のため2022年7月に活動が休止されました。

人気曲「新宝島」のダンスを真似した方は多いのではないでしょうか。

山口さんの体調が回復して、活動が再開するまで温かく見守るしかないですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次