高岡早紀の結婚歴は?現在の旦那や子供の年齢についても!

高岡早紀の結婚歴は?現在の旦那や子供の年齢についても!

高岡早紀さんといえば、様々な男性との熱愛の情報があり、『恋多き女』『魔性の女』とも言われています。

特に、最初の結婚相手の保坂尚輝さんとのことは、芸能人同士ということもありとても話題になりました。

今回は、そんな高岡さんの結婚歴や現在の旦那さん、そして、高岡さんの子供について紹介していきます!

目次

高岡早紀の結婚歴は?

【高岡早紀プロフィール】
1972年12月3日生まれ(49歳) ※2022年4月現在
本名:高岡 佐紀子(たかおか さきこ)
神奈川県藤沢市出身

①一人目 俳優・保坂尚輝

高岡早紀さんは、1996年に俳優の保坂尚輝さんとご結婚されています。

ドラマでの共演をきっかけに交際が始まり、交際1年未満で入籍。

1998年に長男、2000年に次男を出産し、お二人の間には二人の息子さんがいらっしゃいます。

この間、高岡さんは出産や子育てのために一時お仕事を休業していました。

しかし2004年、ミュージシャン・布袋寅泰さんとの不倫関係が報道されたことがきっかけで離婚。

二人のお子さんの親権は保坂さんが得ることになりました。

②二人目 一般人男性(青年実業家)

その後、高岡さんは2010年9月に女児を出産しました。

この時の父親は、当時交際していた青年実業家の一般人男性です。

この男性とは入籍をしていないので、事実婚、内縁の夫という関係になります。

内縁の夫は高岡さんに対して「芸能界の仕事を辞めても面倒見るよ」と言うのが口癖だったとのこと。

出産後に入籍するのでは、と”結婚秒読み”の報道もされていましたが、破局。

破局の原因は、内縁の夫が起こした詐欺事件だったようです。

高岡さんのお母さんが所有する会社『バニラポット』を利用し、出資金詐欺をしてしまった内縁の夫。

この詐欺で集まったお金は1億円と言われていて、その集まったお金を内縁の夫が持って逃げてしまったそうです。

この事件のせいで『バニラスポット』は破産し、負債総額は数千万とも言われていて、2012年には倒産してしまいました。

高岡さんはこのビンチを、交際時に内縁の夫からプレゼントされたベンツを売却して乗り越えたそうです

③三人目 外食産業社長・松村厚久

そして、2014年に外食産業『ダイヤモンドダイニング』の社長、松村厚久さんとの交際が報じられました。

しかし、二人とも交際を否定していて、お互いに「仲のいい友人」と言っているそうです。

松村さんも高岡さんと同じバツイチで、元妻との間にお子さんが二人います。

高岡さんと境遇が似ていることで意気投合した二人は、大人らしくゆっくり時間をかけて関係を続けているそう。

実は、松村さんは2010年頃から若年性パーキンソン病を患っていました。

高岡さんとの交際が報じられた頃には、起き上がれない日や歩けない日も多くなっていたそうですが、それでも前向きな松村さんの姿勢に高岡さんはますます惹かれていったそうです。

高岡早紀の現在の旦那は?

恋多き女というイメージの強い高岡さん。

先ほど挙げた3名の他にも、市川海老蔵さんや松坂桃李さんなど様々な男性との交際の噂が報じられています。

そんな高岡さんですが、現在は婚姻関係にある男性の情報はありませんでした。

現在は、母親、次男、長女、犬三匹と暮らしているようです。
(長男は独立したそうです。)

高岡早紀の子供の年齢は?

高岡さんには三人のお子さんがいます。

その三人の2022年4月現在の年齢をまとめました。

  • 長男:24歳(1998年生まれ)
  • 次男:22歳(2000年生まれ)
  • 長女:12歳(2010年生まれ

長男と次男の親権は父親である保坂さんが持っていて、監護権は高岡さんが持っているそうです。

子供の監護・養育・財産を管理するのが保坂さんで、そのうち財産に関して省いた監護・養育を管理するのが高岡さん、ということになるとのこと。

日本では9割が母親側に親権がありますが、高岡さんと保坂さんの場合は離婚時の状況や離婚条件等、様々な理由から保坂さんが親権を持ったようです。

愛犬と戯れる長女

高岡早紀の結婚歴は?現在の旦那や子供の年齢についても!まとめ

たくさんの男性との熱愛の噂が流れた高岡さんですが、現在は結婚や交際しているお相手はいないようです。

三人のお子さんのうち長男と次男は既に成人していて、長男は独立しています。

50歳近い年齢の高岡さんですが、非常に美しく強い女性でもあるようなので、もしかしたらこれからも男性との熱愛情報が出てくるかもしれませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次