渡邊雄太の推定年俸や海外での評価は?契約金やこれまでの経歴も!

渡邊雄太の推定年俸や海外での評価は?契約金やこれまでの経歴も!

日本人二人目となるNBAプレイヤーとなった渡邊雄太選手。

最近結婚したことでも話題になっている渡邊選手ですが、バスケの実力もすごいんです。

2021-2022シーズンは「トロントラプターズ」というNBAチームとのツーウェイ契約をし、シーズン中に本契約へと移行した渡辺選手ですが、年俸やこれまでの経歴が気になります!

そこで、そんな渡邊雄太選手の推定年俸や海外での評価を詳しく調べてみましたので、紹介していきます!

目次

渡邊雄太の推定年俸は?

渡邊選手はNBAの下部組織であるマイナーリング“Gリーグ”とNBAを行き来する、ツーウェイ契約からNBAでのキャリアをスタートしました。

基本的にはGリーグでプレーをして、選手のケガやシーズン中の入れ替えでNBA に呼ばれたらそっちでプレーするという契約です。

この時の給料はGリーグの基本給77,250ドル(約850万〜900万前後)となり、NBAで試合をすると1日あたり4,734ドル(53万円〜57万円)が加算されるそう。

この金額でも十分高いですが、NBAでは本契約をすると給料が跳ね上がるようで、今シーズンNBAでの本契約を勝ち取った渡邊選手は最低年俸である162万ドルを受け取っています。

これは日本円に換算するとなんと、約1億7,500万円!

この基本給以外にもスポンサー収入があるようで、渡邊選手は現在確認できるだけも5社とスポンサー契約を結んでいました。

1社あたりのスポンサー収入は数千万円〜1億円以上といわれており、NBAでの給与と足すとその年俸は推定3億円〜5億円にはなる計算です。

ものすごく大きな金額で驚いた方いるかもしれませんが、それだけの活躍をして多くの日本人に希望を与えているので妥当な金額かもしれませんね!

渡邊雄太の海外での評価は?

渡邊選手はトロントラプターズでの活躍しており、現地には多くのファンもいるようです!

試合で活躍する度に実況からも「Yuta Watanabe-!!!」と名前を叫ばれるほど注目されています。

渡邊選手はプレイヤーとしてはハードなディフェンスと、高いスリーポイントの精度を評価されており、「相手の主力選手にブロックをするシーン」「出場する試合では必ず1本は決めるスリーポイント」はスポーツ番組のハイライトにも選ばれていました。

また選手としては、日本人らしい礼儀正しさや激しいぶつかり合いの後でも相手を気遣うシーンが、現地ファンの心に刺さっているようです!

本契約を結んだ際には現地SNSのコメントで、「当然の結果だ!」「本契約を締結出来ていなかったらコーチ陣を疑うよ!」といった声が多く寄せられていることから、プレイヤーとしての評価は現地でもかなり高いようですね

渡邊雄太の契約金やこれまでの経歴も!

渡邊選手は小学生からバスケットボールを始め、中学生では地元香川県代表として県対抗の大会に出場。

その後、進学した高校でスターターとして活躍し、全国高校バスケットボール大会で2年連続準優勝しました。

周囲から反対の声もありましたが、NBA入りを目指し渡米し、日本人としてアメリカの大学でプレーをする挑戦を選んだ渡邊雄太選手。

大学在学中は主力としてチームをひっぱり、得意のディフェンスを活かして現地メディアも注目するほどの活躍をしたことで、NBAチームである「メンフィスグリズリーズ」とのツーウェイ契約にいたりました。

渡邊選手の契約金は公表されていませんが、本契約の最低年俸である162万ドルは契約内容に含まれていると思われます。

本契約したからといって安心はできず、この契約では1シーズン限りの契約となり、来シーズンでは次に所属するチームとの契約を待つ形になるようです。

NBAで生き残るためには更なる挑戦を続けなくてはいけませんが、数々の困難を越えてきた渡邊選手であればきっと乗り越えられるのではないでしょうか!

渡邊雄太の推定年俸や海外での評価は?契約金やこれまでの経歴も!まとめ

渡邊選手の推定年俸はNBAでの基本給とスポンサー費用を合わせて3億円以上と推定されます。

高額ですが、その金額に見合った活躍はしており現地ファンやキャスターからも高く評価されているようでしたね!

小学生からバスケを始め、日本人では困難だと思われていたNBAへの道を切り開いた渡邊選手には今後も活躍してほしいと願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次