上野由紀子(ソフトボール)は結婚してる?家族構成や引退について!

上野由紀子(ソフトボール)は結婚してる?家族構成や引退について!

ソフトボール選手として数々の功績を残して来た上野由紀子選手。

東京オリンピックでは39歳という年齢を感じさせない投球をみせ、日本を優勝に導きました。

そんな上野選手について、現在結婚しているのかや引退についてさまざまな噂が流れています。

この記事では、上野選手の家族構成や引退・結婚について詳しく紹介していきます!

目次

上野由紀子(ソフトボール)は結婚してる?

2020年東京オリンピックでの活躍が記憶に新しい上野由岐子選手。

小学校3年生からソフトボールを始め、現在に至るまで活躍し続けています。

上野選手は若い時から活躍し続けているため、恋愛・結婚についても様々な噂があり、中には20代で一度結婚しているという情報もありましたが上野選手は現在独身です。

なお彼氏もいないそうなので、まだまだソフトボールと向き合える時間はありそうですね。

上野選手も「ソフトボールが第一優先で、運命の人が現れて、必要性を感じたら結婚したい」と発言していたこともあるようです。

上野由紀子(ソフトボール)の家族構成は?生い立ちについても!

https://twitter.com/myyawalee/status/1419973624199585793

名前:上野由岐子(うえのゆきこ)

出身:福岡県福岡市

生年月日:1982年7月22日(現在39歳)

所属:ビックカメラ
功績:2002年サスカトゥーン世界選手権銀メダル
   2002年釜山アジア大会金メダル
   2004年アテネオリンピック銅メダル
   2006年北京世界選手権金メダル
   2006年ドーハアジア大会金メダル
   2008年北京オリンピック金メダル
   2010年広州アジア大会金メダル
   2012年ホワイトムース世界選手権金メダル
   2014年ハーレム世界選手権金メダル
   2014年仁川アジア大会金メダル
   2018年千葉世界選手権銀メダル
   2018年ジャカルタアジア大会金メダル
   2020年東京オリンピック金メダル

福岡県福岡市で誕生した上野選手は、父・母・妹の4人家族。

上野家には以下の5つの家訓がありました。

  1. 「はい」という素直な返事
  2. 「すみません」という謝罪の気持ち
  3. 「私がします」という接客的な行動
  4. 「おかげさまで」まという謙虚な気持ち
  5. 「ありがとう」という感謝の気持ち

この5つの教えが上野選手を作り上げる土台となったようです。

上野選手がソフトボールを始めたのは小学3年生で、当時からピッチャーとして活躍していました。

男の子にも負けないくらいの体格と足腰の強さを誇り、入団したチームでは県大会優勝、そして福岡市立柏原中学校に進学し全国制覇も果たしています!

中学生の頃には既に有名人だった上野選手は様々な高校からオファーがあったようです。

進学先と選んだのは九州女子高等学校で、高校生活では他の生徒に良いところを見せようと体育の授業に励んだところ、大怪我をしてしまったというエピソードもあるみたいですね。

そんな大怪我からも回復をみせ、世界選手権ジュニアユースではエースとして活躍します。

高校進学後は日立高崎ソフトボール部に入部し、エースとして日本のソフトボール界を支え続けました。

上野由紀子(ソフトボール)の引退はいつ?

上野選手の現役引退は明言されていません。

しかし、東京オリンピック後には身体に違和感を感じて、引退を考えるようになったようです。

上野選手のピッチングを可能にしていたのは常人離れした筋力やバネ。

30歳を超えた頃から身体に負荷が強くかかるようになり、負荷のかからない投球フォームを探して練習を続けていたようですね。

ピッチングフォームの微調整を繰り返し、自分の中で納得のいくフォームができたのは何と東京オリンピックの試合中だったそう!

絶対に打たれないという自信が生まれ、マウンドに立ち金メダルを獲得したのでした。

オリンピック後一度は引退も考えていましたが、「自分はこの先どこまで行けるんだろう」という好奇心の方が強く、現在は引退について考えていないようです。

上野由紀子(ソフトボール)は結婚してる?家族構成や引退について!まとめ

日本だけではなく、世界のソフトボール界を牽引している上野選手。

スポーツ選手の両親から産まれた訳ではありませんが、上野選手の両親は「人として立派に育つような教え」を子供達に示しながら教育をしてこられたようですね。

その甲斐もあってか、ソフトボールに真摯に向き合う女性へと成長し活躍されています。

上野選手は「未知の世界へ行っていみたい」という好奇心からまだ結婚や引退は考えていないようですので、これからもソフトボールを牽引し、世界の子供達の指標の一つとなって欲しいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次